えっ、浮気ですか?(笑)

夫に浮気をされ勝利を勝ち取るまでの多分大爆笑日記

(01)旦那「離婚して欲しい」

2016年6月のある日の土曜日の朝、
毎朝5時起きの私は8時に起きてきた旦那に笑顔で挨拶。
でも起きてきた彼は神妙な顔。


あれ?朝から機嫌がめっちゃ悪そう(^_^;)
前日の夜に二人で笑ってテレビ番組を観ていたのに。


すると彼は暗い顔落ちたトーンで話しだした。
旦那「くろむ…………離婚したい」
私はキョトンとしながらも一先ず彼の話を聞いた。
心臓はバクバク。頭はクラクラ。


ザックリとテーマは2つあった。
●ずっと前から考えていた(2年位前なんだそう)
●一人になりたい
と最初に言い始めた後、


<お金の事>
●住宅ローン等支払っているが借金が減らない。
●あんたは俺に給料の全額を寄越さない。
●あんたは勝手に貯金している。
●この家を売ろう。返済の目処がついたら俺は自分の故郷に帰る。


<私のこと>
●転職ばかりする。その度に借金しなければいけない。
●ずっと仕事させるつもりは無かったしその内年齢的に働けなくなる事も理解していた。
●喧嘩も一杯したが何も変わらなかった。
●あんたはそんなに俺のことを大事に想って無いんじゃないのか?
●将来的に俺の故郷に帰ると言っているのに、ちゃんと考えてたのか?


最後に自分が今まで思っていた事を言い出した。
●2年前にお前が大きな企業の仕事を辞めてから今回の事は決めていた。
●なんで自分ばっかりがお金のやりくりをしたり、冷蔵庫の中身気にしたりしなきゃいけないんだ。
●今の生活をしていて「結婚ってなんだったんだろう」と思い始めた。
●自分の計画では2年前からの行政書士の資格を取り、次に司法書士の資格を取り、1,2年の実績を積んでから故郷に帰るつもりでいた。だけでその計画の中に前からあんたはいないよ。


とりあえず家も売るから、あんたはここから出て行け。


言うだけ言ったら旦那は一人で車で出かけて夜遅くまで帰ってこなかった。


私は、言われた直後にこの内容を文字に残した。
自分の悪い所を反省する為に。
「私は何が悪かったんだろう?」と。




少し後になり、この内容について自分で突っ込める様になっていた
■我が家は旦那が家計を握っている。なのに貯蓄してなかったらしい…。
■私は自分の給料を1,000円単位で旦那の口座に振り込むよう言われていた。

■派遣なので…有期雇用契約なんだよね…。
■そしてこんな私にも付き合いがある。突然ご飯に出向く事にもなる為一定の金額を貯金していた。が、バレて全額没収。
■ところでどうしてこんなに突然なんだ?昨日まで笑っていたのに。
■「子供作りたい」と言っていた為すぐに辞められる派遣を選択していると話済のハズ。
■行政書士は勉強中だから分かるが、司法書士も取るって…行政書士の資格もまだなのに?
■2年前からって…そこから今までヤる事ヤッてるし旅行も楽しく言ってるけど…?
■故郷に帰るつもりなら、何故戸建住宅を購入したんだ??止めたよね私??



だいぶ突っ込みどころが多いんだけど、家庭内別居がスタート。
寝室から客間に自分の布団だけを移動し、彼はそこで寝るようになった。


私はまず「夫婦仲修復」の道を取る事にした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。