えっ、浮気ですか?(笑)

夫に浮気をされ勝利を勝ち取るまでの多分大爆笑日記

(16)契約

仕事が終わると、一旦うちに帰り出力した資料全部を手にA法律事務所に向かった。
裁判所の間近にあるビルで、各階全て弁護士事務所になってる。


部屋に通されて事情を説明する。
まずは1時間の無料相談というやつ。


この事務所には、複数の弁護士さんが在籍する。強みとすると、例えば「女」に書面を送る時にその弁護士事務所全員の名前を列挙して送れる。
一人の名前より、複数の名前があると相手はビビるよね。


一通り説明した後弁護士からの質問タイム。
●最終的にどうしたいのか。
という部分。


この時まだフラフラ状態なのをわかってくれていて、考える余裕をくれた。


「私はどうしたいのか、ですか」
弁「そうです。私たちは離婚のプロです。元に戻りたいだけなのか、離婚したいのかによって対応が変わるんです。」


もう三ヶ月以上無視を続けられている。
不倫も確定的。
体も心もズタズタ。
これで元に戻っても、正常には戻らないだろう。
でも、でもーーー!!
頭沸いているけど、私の気持ちはまだ旦那にあった。離婚を進めることにもの凄い躊躇した。


どちらに進むとどうなるのか、という説明を受けて、私は帰宅。
最近はいつも険しい顔をしていたけど、今日はいつになく穏やかだった。

帰宅すると旦那が「待っていた」。そう、待ってた。
旦那「どこに行ってたの?」
私「どこでもいいでしょ。あんたには関係ない」
旦那
「家の件なんだけど、俺が家を出るから、あんたが残りのローンを支払ってくれ」

「それから調停だけど、やらないことにした」


「調停やりたい?やるならあんたが全部支払うんだよ?」


「あんたがどうしても出て行かないというなら、あんたの為

に取っていた(注:単なるカードキャッシング)30万は俺が使うからね」

「そうなるとあんたに渡す物はもう何も無いよ。いいの?」


「もう、あんたから離れたい…」



穏やかに、基地外じみたことをいう。
これが私の夫なのか。好きだった人なのか?



なんて…アホなんだろう………。





私「調停、あんたからは出来ないと思うよ」
するとここから何かスイッチが入ったようです。。。
旦那「なんでだよ!」
私「有責者からは出来ないの。」
(有責者からも出来るのは分かってましたが言ってみた)
旦那「だったらあんたがやれ!あんたしか出来ないならあんたが支払って、あんたが全部やれ!」


(−_−;)


私「あとね、住宅ローンは二人で支払う契約したでしょ?だからわたしだけ、とか、あなただけってのは出来ないんだよ?」
旦那「知るかよ!!」


(⌒-⌒; )


私「契約時の割合、9:1であんたと私なんだよ?(契約時、私の給料が滅茶滅茶低かったから)むしろあんたが率が高いのに何言ってんの?」
「でね、この家は私も名義人だから、私にも当然住む権利あるんだよ…」

旦那「なんだよ、その割合って!!じゃあその割合に沿った態度を取れよ!なんでそんな偉そうにしてるんだよ!馬鹿にしてるのか!這いつくばれよ!!」



ヤヴァ─-─-─-─-(#゚Д゚)─-─-─-─-ィィ!!



もしかして、…救いようが無い…バカ?





後日私の友人に言った時、
「2ちゃんに書けば新たな伝説が生まれただろうに」と言ってたけ?(笑)


うん、そう思う(−_−;)
けどここから先を思うとこんなの序の口だったんだけどさ。



とにかく、お金の話ばかり。
ていうか、頭いたい…。
私は彼を無視して寝ることにした。
私のパソコン?
ふっ、当然パスワードロック掛けたよっ。


自分の言い分に応えずに寝ようとする私に、
旦那「なんだよ、逃げるのか!!?」
の叫び。
ゆっくり振り返り、私は激昂している彼をじーっと見た。



お前がなっっ!!
と、言いたかったよママ…。
言う気力なかったよママ…。バカバカしくて…。




**********************************
翌々日、頂いた弁護士の名刺の電話番号に、改めて連絡。


「契約を、お願いします。」
小仲「分かりました。では●●日でも大丈夫ですか?」
「はい。」



私は、弁護士と契約を交わす事を決めた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。