えっ、浮気ですか?(笑)

夫に浮気をされ勝利を勝ち取るまでの多分大爆笑日記

(17)勝ちに向かう為の打ち合わせ

数日後、仕事帰りに改めて弁護士事務所に再度私が、集めた保存物を持って訪問した。


所長弁護士が現れて、契約の手続き。
初めてだから勝手が分からない。
ほぼ言われるままだったと思う。ものすごい緊張。
所長はご年配の白髪おじさん。
だけどその口調はとっても力強い。小仲弁護士同席のもと、説明が始まった。


まずは私が説明。
●突然の離婚宣言
●無視
●実は不倫だった
●出て行け攻撃
●相手は同級生ユキ


次に持ってきた証拠の確認。
実際にドラレコを再生して会話、イチャコラ、旦那が映ってる場面などを確認。


小仲「大丈夫じゃないですかね?」
所長「そうだねぇ。」


私「えっ!?」
他のところは確認もせず断られたのに、大丈夫なの??
本当に??ちょっと不安は残る。


ただ、そこに付け加えられた。
●相手の女の情報をもう少し欲しい。
●一番いいのはご主人のスマホを見る事。
●確かに大丈夫そうだし、奥さんが言うんだから間違いなくこの声はご主人なんだろう。でももう一押しが必要かなぁ。


ここでお金の話に。


「先日来て貰ったから考えてくれたと思うけど、結局どうしたい?」


考えた結論を伝える。
私「離婚の方向でお願いします。」


所長「分かりました。じゃあ契約という事でいいですか?」



了承はしたが、金銭的蓄えがない事を伝えると、直ぐさま法テラスへの申し込み手続きを同時にして下さった。


法テラスは、一定の範囲の収入の人を対象に、弁護士費用の建て替えをしてくれるところ。掛かった費用の返済は月払いで、依頼者の希望で5000円、10,000円だったと思う。
これから万が一を考えて貯金しなきゃいけないから、とても助かる。



一通り契約を終えて、注意点と流れを説明してもらう。


●方向性
「離婚はしたくない。でも不貞を行なってる夫がそんなに離婚したいなら慰謝料を払ってね」
というスタンスで入る。
このため調停ではなく離婚裁判となります。


※後日調べると離婚裁判は調停が終わらないと出来ないとあったんだけど、その辺りの詳しい仕組みはよく分からない。


●慰謝料
500万円でまずは吹っかけるが、それを確実にもらえるとは思わないでください。
今は慰謝料の額がどんどん下がっている。特に今回はご主人の収入はとても低い。
相手の収入次第では取れない可能性もある。という事を理解してください。


●通知
裁判所に受理されると、裁判所からご主人に向けて「あなたはこう訴えられてますよ。返事しなさい」という通知が届く。
その頃までに家を出られませんか?
同居人から訴えられると相手が逆上する可能性があります。


●ドライブレコーダー
映像であるため、裁判で証拠提出はしますが裁判官は動画はほぼ見ません。
代わりに「反訳」という文字おこしが必要となります。
専門の業者に依頼もできますが高額です。ただ、自分やお友達にお願いして作成することで、無料に近くなります。
できますか?頼めそうですか?


●女
ご主人のスマホは見れますか?
相手の登録情報があれば、我々の開示請求権限で探せます。
同級生なら、ご主人の身内の方はご存じではないのかな?



方向性と慰謝料は了承した。


引っ越しは…今は難しい。
裁判所受理までまだ時間はある様なので、一旦保留。


残りの2つだけど…
反訳なんてした事がない。
業者は調べるしかない。
何より二人とも故郷の方言でずっと喋っており、ここで探すより故郷の業者を探した方がいいかもしれない。
弁護士には、探してみますと回答。


女の件は…
義妹に聞くことは出来るだろうか?
弁護士に依頼した事がわかるとそっぽ向かないかな…。言わなきゃいいか。
車に何か残ってないかな。



最後に、小仲弁護士がこういった。
小仲「住宅ローンも、今後振り込む必要はないですからね。入金せず、全部くろむさんの手元に置いておいて大丈夫ですよ^^」
「えっ! いいんですか?」
小仲「放っておいたら、相手は必ず自分で工面して入金しますから。」



一先ず、女とドラレコの件は、一旦家に持ち帰る事を伝え、契約の日を終えた。


今はまず、準備の段階。
用意するもの、必要なもの等をまとめてみる。
●「私はまだ離婚したくない」という今の気持ちを汲み、「そんなに離婚したいなら500万円を出しましょう」からスタートする。
●ドライブレコーダーの内容は「Word等のデータとして必要」という事。
●女の情報を掘り下げる。出来ればフルネーム、住所まで。

●住宅ローンは旦那の口座から引き落とされるが、これも振り込む必要はない。とのこと。


支払いしなくていいって言われるとはホント、思ってなかった。




**********************************
帰宅し、旦那が既に客間に降りていたので、
反訳でどうするか考えるために居間で動画をヘッドホン付けて見聞きする。


ファイル数は15本分(笑)。
全部エンジンをかけた車の中。
エンジン音と、必ず音楽またはラジオが流れている(旦那はコレが好き)。
そして旦那はボソボソ話す・・・。


辛うじていつもより旦那のテンションは高いけれど、男性の低い声とエンジンの音って結構聞き取りにくい。
依頼するにしても自分でやるにしても、まずは聞いてみないことには判断しきれない。



そう思って、ずっと聞いていると…
ユキと別れて、旦那が帰宅しながら車で電話している際の旦那の会話内容に、ちょっと固まる。


旦那
「もうどんどん離れて行くよー。さっきまで一緒にいてチューしてたのにー…」
「ユキぃ、俺…もうホントに俺、あんたと一緒になりたいから…。一人になるか、あんたの所に行くか…。」
「だけどもう、ずっとあんたと一緒にいたいよ。」
「うん。うん。
10月なんてすぐだよ。そう。体育の日。
「次も隣県にするか?あそこのホテル、安いしオシャレだし、おもちゃもいっぱいあったしw」





_| ̄|○ ガク・・・・・・





ああ・・・・えっと・・・・
色々と…その…なんだ。楽しそうですね。ホテルの話なのね…。
でもあなた、結婚しているんですけどね^^;
既に配偶者がいるんですけどねっ
てか、すごーくさり気なく言ってるけど「おもちゃ」って…(笑)。





あんた達、今月も会うのか…。


実はこの時、既に一度探偵を使っており、
そして失敗している為使うだけの金額がもう無かったのですヨ。
探偵の話は、時間があったらお話しましょうか。
今回は話の筋に関係ないのでこの辺りまでで。


さて、探偵を使えない以上自分でなんとかするしかないよな…。
そう考えて、いっぱい考えてとった行動は、
旦那に車を使わせない。
という手段だった。


そこで取った行動は
車の「リモコンキー」を取り上げるという事。



何度も言いますが、うちの旦那は几帳面()でして、
鍵に関してもそれはあるんですよ。
家の鍵は特殊なので増やせないんだけど、車の鍵はスペアキーを、二人家族なのに10本作り、玄関、ポスト、それぞれの財布、その他もろもろに置きまくる。
ああ、分かりますよ。突っ込みどころイッパイですがスルーしてね(笑)。


で、リモコンキーは2本だけオプションで作ってもらい、一本ずつ持っていた。


今はまだいい。今は、土日の仕事のときは乗っていこう。
使われないように。
そして、体育の日の前日は鍵を全部取り上げよう。
取り上げたところであちこちにあるから、それを使われたらおしまいなんだけど。




この辺りから、
月~金 旦那仕事から帰るとそのまま毎日、車でネカフェにて時間潰し。
土日  朝から21時くらいまで私が終日通勤で利用。
という車利用のルーチンが出来た。



ネカフェに毎日通ってたって後で分かったんだけど、
そのお金は・・・・・・・・・。






10月に入り、いろいろと動き出すのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。